音源可視化装置『TYPE8820』

インドネシア向け 製造業マッチングサイト

TECH DIRECTORY Indonesia

音源可視化装置『TYPE8820』

音源可視化装置『TYPE8820』

独自のシステムにより、圧倒的なコストダウンを実現した音源可視化装置!

『TYPE8820』は、音を視覚化することで音源の特定を「判りやすく、素早く、効率的」に行うことが可能な音源可視化装置です。

アレイの中心にカメラ搭載した拡張現実の手法で、測定した音圧レベルの等高線を測定対象物の実画像と重ね合わせて表示。

拡張現実(Augmented Reality)の手法で、幅広い周波数帯の音源を、装置中心にあるカメラで撮影した映像に可視化できます。

【特長】
■異音音源位置を素早く、効率的にパソコン画像上で特定することが可能
■幅広い周波数帯を少ないマイクアレイでカバーすることが可能
■独自の可変式マイクアレイにより、低周波から高周波数帯まで1台で異音発生部位の特定が可能
■測定音源の周波数を特定・確認でき、また音源の発生タイミングなど多種多様な状況に対応

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ お問い合わせ

価格

お問い合わせください

納期目安

お問い合わせください

インドネシア国内在庫

お問い合わせください

URL

http://www.aco-japan.co.jp/product/id6774.html

対象業界

計測・分析機器  その他 

企業情報

株式会社アコー 株式会社アコー

製品・サービス特長

【仕様】
■可変式マイクアレイ:32チャンネル
■周波数範囲:500Hz~12kHz
■測定距離:300mm~
■サンプリングレート:51.2kHz
■データ表示
・タイムシリーズ
・スペクトラム
・スペクトログラム
■カメラ:USBカメラ
■対応OS:Windows7,8,10
■CPU:core i3以上
■メモリ:2GB以上
■ハードディスク:500GB以上
■使用温度・湿度範囲:0~40℃・90%RH以下(結露しないこと)
■保存温度・湿度範囲:常温・40%RH以下
■寸法
・アレイ:約Φ530mm
■本体重量:約3kg
■付属品:パソコン、収納ケース

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

用途/使用例

【用途】
■異音や騒音対策

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ

音源可視化装置『TYPE8820』

お問い合わせ

対応可能言語

日本語

*は必須項目です。

*選択してください。

カテゴリ

ピックアップ

PAGE TOP